ゴムライニングのパイオニア。大機ゴム工業株式会社の公式サイトです。

大機ゴム工業株式会社

伝統の技術力と熟練の技が、高度なゴムライニング施工を実現

ゴム材質の種類と用途

工場施工用材質
ゴムの種類 商品番号 ゴム硬さ 最高使用温度 特徴 主な用途
天然ゴム 硬質ゴム D-02 65〜85(デュロメータタイプD) 85℃ 耐食ライニング用 ポンプバルブ
D-05 85℃ 一般耐食ライニング用 貯槽(酸、アルカリ)金属電解槽(亜鉛、銅)メッキ層、酸洗槽
D-04 95℃ 耐熱耐食ライニング用 食塩電解槽、反応槽、酸洗槽
D-09 110℃ 耐熱耐食ライニング用 食塩電解槽、ガス吸収槽、反応槽
D-101 100℃ 耐熱耐食ライニング用 EGL、酸洗槽
軟質ゴム D-21 35〜45(デュロメータタイプA) 80℃ 耐摩耗食成形用 バルブ、湿式サイクロン
D-25 35〜50(デュロメータタイプA) 80℃ 耐摩耗耐食ライニング用 タンク車、タンクローリ(塩酸、憐酸)貯槽、シックナー、スラリー用機器
クロロブレンゴム 軟質ゴム D-39 60〜70(デュロメータタイプA) 90℃ 耐熱耐食ライニング用 海水関連機器、復水器、タンクローリ、貯槽(苛性ソーダ、硫酸)
D-38 45〜55(デュロメータタイプA) 90℃ 耐熱耗食成形用 ポンプ、バルブ部品
スチレンブダジエンゴム 軟質ゴム D-42 45〜55(デュロメータタイプA) 80℃ 耐摩耗食成形用 スラリーポンプ
ブチルゴム 軟質ゴム D-55 50〜65(デュロメータタイプA) 110℃ 耐熱耐食ライニング用 貯槽(硫酸、フッ素、憐酸、次亜塩素酸ソーダ)、タンクローリ、反応槽
現地施工用材質
ゴムの種類 商品番号 ゴム硬さ 最高使用温度 加硫方式 特徴 主な用途
天然ゴム 硬質ゴム D-14 65〜80(デュロメータタイプD) 95℃ 熱水または常圧蒸気加硫 耐熱耐食ライニング用 ガス吸収塔、反応槽、高温薬液槽
軟質ゴム D-25 35〜50(デュロメータタイプA) 80℃ 耐摩耗耐食ライニング用 貯槽、シックナー、スラリー用機器、貯槽(塩酸、憐酸)
クロロブレンゴム 軟質ゴム D-31(SC) 55〜70(デュロメータタイプA) 90℃ 自然加硫 耐熱耐食ライニング用 貯槽(苛性ソーダ、硫酸バンド)シックナー
ブチルゴム 軟質ゴム D-54(SC) 55〜70(デュロメータタイプA) 90℃ 熱水または常圧蒸気加硫または自然加硫 耐熱耐食ライニング用 貯槽(硫酸、フッ素、憐酸、次亜塩素酸ソーダ)

 

備考

  1. 硬さおよび最高使用温度については使用条件により若干変わります。上記は参考値を示したものです。
  2. ゴムライニングの厚さは、耐食用が3〜5㎜、耐摩耗用は5〜10㎜の範囲が普通です。厚さは使用条件により選定します。